安達晴己医師 | シュタイナーのアントロポゾフィー医療 すみれが丘ひだまりクリニック(横浜市都筑区)

安達晴己医師

安達 晴己
佐賀医科大学卒業
プライマリ・ケア認定医
アントロポゾフィー医学認定医
内科

 

ひだまりクリニックで働くようになった経緯

 

初めまして。2022年11月から、ひだまりクリニックで診療を始めます。

私は、プライマリケアという、いわゆるかかりつけ医として外来や訪問診療で長く働いてきました。

アントロポゾフィー医学は、2010年に認定資格を取得し、個人の小さいクリニックで診療してきました。

今回、新しい環境で新しい患者さんにお会いできることを楽しみにしています。

 

アントロポゾフィー医学は、健康や病気について、大きな視点を与えてくれます。

通常医学を否定せず、大切にしながら、さらに植物の力を最大限活かした治療薬や芸術的なアプローチで、患者さん自身の力を引き出す、そのようなことを可能にしてくれます。

病をより健康的に乗り越え、次の新しい成長につながることを目指します。

 

私は、基本的には内科医ですが、専門医にかかりつつ別の視点を求める方、さまざまな問題を総合的に相談したい方など、ご相談いただければと思います。

 

このページのトップへ戻る