リズミカルアインライブング | シュタイナーのアントロポゾフィー医療 すみれが丘ひだまりクリニック(横浜)

リズミカルアインライブング

リズミカルアインライブング,アントロポゾフィー,疲労感,衰弱,うつ,不安障害,睡眠障害,冷え症,低体温
 

リズミカルアインライブングとは、アントロポゾフィー医学の治療的ケアの一つ。その施術は、ゲーテアヌム精神科学自由大学医学部門内の国際アントロポゾフィー看護フォーラム公認のコースで、アントロポゾフィー看護の知識、リズミカルアインライブングの手技や理論を学んだ看護師(保健師、助産師)が、技術認定を受けた上で行うものです。

 

リズミカルアインライブングの施術方法は、流れるようなタッチとリズムで、皮膚に圧をかけることなく優しくなでるように、植物のエッセンスが入ったオイルなどを身体に塗っていきます。他者にゆっくり優しく触れられることは、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」の分泌も促進されるといわれています。

 

アインライブングを通して、心地よさ、リラックス感、安心感、温かさだけでなく、自分自身の内面に意識を向け、自分自身を取り戻すお手伝いもいたします。施術後は、身体全体をシーツ等で包み、安心感や温かさを体験していただきます。

 

 

リズミカルアインライブング概要(全身の場合)

 

時間 初回120分/2回目以降90分(休息時間を含む)
予約可能日時 毎週火曜日、金曜日および第1・第3月曜日、木曜日および第2・第4土曜日 午後
※看護師の都合により診療日が変更する場合がございます。詳しい予約可能日時は診療時にご確認ください
回数(目安) 4回又は7回/1クール、1~2週間に1回程度の間隔がおススメです

※医師の指示により、部分的に行う場合もあります。その場合の料金はお問い合わせ下さい。

 

 

リズミカルアインライブング施術の流れ

まずは事前に医師による診察があります。

 


カウンセリングを受けていただき、オイルやバスミルクの種類を決定します。

 

リズミカルアインライブング,アントロポゾフィー,疲労感,衰弱,うつ,不安障害,睡眠障害,冷え症,低体温
 


フットバスを約15分程度行っていただきます。
温かいお湯に足を浸し、優しい香りで心と身体をほぐしていきます。

 

リズミカルアインライブング,アントロポゾフィー,疲労感,衰弱,うつ,不安障害,睡眠障害,冷え症,低体温
 


約30分程度アインライブングを行っていきます。背中や腕、胸、お腹、足といった部位に対し施術を行います。穏やかな流れの中で心と身体をリラックスしていただきます。施術中にお休みになる方が大半です。

 

リズミカルアインライブング,アントロポゾフィー,疲労感,衰弱,うつ,不安障害,睡眠障害,冷え症,低体温
 


約20分の休息時間です。アインライブングでは施術後の休息を大切にしています。
安らいだ感覚が身体に浸透していく大事な時間となります。

 

リズミカルアインライブング,アントロポゾフィー,疲労感,衰弱,うつ,不安障害,睡眠障害,冷え症,低体温
 

どのような症状の人に最適な療法なの?

 

リズミカルアインライブングはストレスや不調時にバランスを取り戻すのに適しています。

・長時間のパソコン作業等で、神経を使いすぎて寝られない方(睡眠障害など)
・朝なかなか起きられない方(覚醒障害)
・疲労感や衰弱のある方
・心の不調(例えばうつなどの気分障害や不安障害など)
・冷え症や低体温の方
・呼吸が浅い方
・身体感覚に乏しい方 などにお悩みの方はぜひお試しください。

 

当クリニックでは女性が大多数ですが、男性も1~2割程いらっしゃいます。年齢も小学生~98歳と幅広い方に施術を受けていただいています。
※詳細は医師にご確認ください。

 

 

 

 

担当看護師の紹介

 

鶴田 史枝
国際アントロポゾフィー看護フォーラム認定アントロポゾフィー看護スペシャリスト
国際アントロポゾフィー看護フォーラム認定リズミカルアインライブングスペシャリスト

 

自身の子育てを通じ、シュタイナー教育に興味を持つ。患者さんと実際に触れ合う看護をしたいという思いからアントロポゾフィー看護の道へ進み、現在に至る。

 

 

 

 

アントロポゾフィー医学とは
アントロポゾフィー(人智学)を提唱した思想家であるルドルフ・シュタイナーと、医師イタ・ヴェーグマンによって1920年代に確立された医学のことです。現代医学を補完し、常に人間を身体・心・精神の全体として捉える医療を目指しています。
アントロポゾフィー看護とは
アントロポゾフィー医学を基にした看護です。広い視点で病を持つ人々を理解し、一人一人が持つ治癒力を最大限に高めるように看護していきます。アントロポゾフィー看護にて行われるケアはアインライブング、植物の煎じ液やオイル、軟膏を用いた湿布など様々な外用手当です。

このページのトップへ戻る